中谷美紀 ドイツ人ビオラ奏者の夫との出会い 第一印象は「私、最初、マフィアかなと思ってた」

[ 2021年9月21日 14:46 ]

中谷美紀
Photo By スポニチ

 女優の中谷美紀(45)が20日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP」(後9・00)に出演。18年11月に結婚した夫、ドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー氏(52)の第一印象について語った。

 フェヒナー氏との出会いについて聞かれ「恥ずかしい…」と赤面した中谷。それでも「飲食店で私はその日、ちょっと仕事が遅くなったので、一人でどこかに寄って帰ろうと、立ち寄ったお店で、たまたま3人の外国人の方がすぐ近くにいて。私の携帯電話が鳴ってしまって、『ごめんなさい』って謝ったんです。謝ったら『全然大丈夫だよ』って(言われて)聞いたことがない言葉だったので、『どちらからいらしたんですか?』って聞いたら、『ザルツブルクから』って言うんです。私は『死ぬまでに一度、ザルツブルクの音楽祭をたずねてみたかったんです!』って言ったら、『良かったら3人なんで席1つ空いてるから座ったら?』みたいな感じがあって、会話が始まったという感じですかね」と運命の瞬間を振り返った。

 その会話の中で「金沢に行くから美味しいお寿司屋さんを教えてください」と言われたという中谷。ただ、それは聞き間違いだったそうで、フェヒナー氏らが向かったのは長野県軽井沢といい、「それでメールが来るようになって、『教えてもらったお店が見つからないよ』って」と苦笑した。

 第一印象について「私、最初、マフィアかなと思ってた」と衝撃の告白。スタジオが驚く中、メールのやり取りでも「ちょっと下心がありまして、音楽家だってわかってたので、もしかしたらコンサートのチケットとか…無料じゃなくていいんですけど、取ってくれるかなと思って」と意外な思惑もぶっちゃけ、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月21日のニュース