伊藤健太郎 主演舞台見どころは「裸」即答、初日に向け日々筋トレ 自分の体にホレボレ

[ 2020年10月23日 18:15 ]

「もっともっと自分の体に磨きをかけます」と意気込む伊藤健太郎
Photo By 提供写真

 俳優・伊藤健太郎(23)が23日、大阪市内で主演舞台「両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)」(12月5~23日=東京・明治座、来年1月5~13日=大阪・新歌舞伎座)の取材会に出席した。

 大銀杏(おおいちょう)に“ほぼ裸”のポスターが衝撃的な舞台で、初日に向け筋トレに励む伊藤は、日々パンプアップする自分の体を眺め「ホレボレしてますね(笑)。いやこれから、もっとホレボレできるよう体作りしたい」と自信満々。ポスターを見た時も「最初は大丈夫かな?と思ったけど、このインパクトで舞台を知ってくれるきっかけになってくれたら」と話した。

 これまで、ほとんど相撲を見たことがないらしく、「寺尾さん?っていう方を意識して」役作りのため動画も数多く見ているという。舞台で「ワクワクは半分、ドキドキ半分。こういう時期にこれだけおもしろい作品をできるのも意味があると思って頑張りたい」と力を込めた。

 「見どころは?」と聞かれ「裸」と即答し笑わせた伊藤。「歌もダンスも初めてなので、そういう部分も見てほしい」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月23日のニュース