デビュー当時の嵐と現在の嵐が初共演 ソフトバンク新CM

[ 2020年10月23日 05:30 ]

ソフトバンク新CM「これからだ」編に出演する嵐の左から櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、松本潤、大野智 (提供写真)
Photo By 提供写真

 嵐がきょう23日から全国放送されるソフトバンクの新CMに出演する。

 「誰も見たことのない世界へ、一緒に。」をテーマに5G(第5世代移動通信システム)時代の新しいエンターテインメントの可能性に挑戦するプロジェクトの最新作。

 99年、クルーズ船に乗った5人がホノルル沖でデビュー会見を行っている。海を眺めながら、デビュー当時の櫻井翔(38)が「これからだな…おれたち」とつぶやく。

 そんな当時の姿を現在の5人が懐かしそうに見ている。松本潤(37)が「これからだな…おれたちも」とつぶやきほかの4人も「これからだ」と繰り返す。するとデビュー当時の嵐が現在の5人を振り返って「ね!」とほほ笑みかける。あり得ないできごとに5人の目は点になってしまう。

 ここで、船長スタイルの白戸家のお父さんが船の舵を取りながら「これからだ」と呼びかけるカットに続いて「誰も見たことのない世界へ、一緒に。」というタイトルがインサート。最後は、現在の嵐が互いの肩に手をかけながら「新しい世界へ、初めての5GのiPhoneと。」とカメラ目線でポーズを決めるという内容だ。CMと連動し、嵐のスペシャルコンテンツを体験できる配信サービスを「5G LAB」内でも公開する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月23日のニュース