吉永みち子氏 29歳の眞子さま、結婚の意思変わらずに「もう我々がどうこう言うことでもなく」

[ 2020年10月23日 10:07 ]

吉永みち子さん
Photo By スポニチ

 ノンフィクション作家の吉永みち子氏が23日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。同日に29歳の誕生日を迎えられた秋篠宮家の長女眞子さまについてコメントした。

 2020年が延期期限とされている小室圭さんとの結婚関連行事については見通しがたっていないが、宮内庁関係者は2人の結婚の意思について「変わっていない」と語っている。秋篠宮さまが皇位継承順1位の皇嗣(こうし)になられたことを国内外に示す「立皇嗣の礼」が11月8日に開催されることが決定したため「その後に眞子さまに動きがあるのでは」との見方が浮上している。

 吉永氏は「婚約の発表までして3年って長かったと思うんですよ。でも、石の上にも3年、2人にとって試練の3年間だったと思いますね、自由に会うこともできない中で。それで気持ちが変わっていないということであったら本当にもう我々がどうこう言うことでもなく、よろしいんじゃないでしょうかね」と言い、「祝福してあげたいなあっていう気持ちに国民全部がそういうふうに変わってきたんじゃないですかね、この2人の辛抱と姿勢を示すことで」と私見を述べた。

 その上で「来年、お二人は30歳ですよね。だったらもう大人の決断を尊重するという形で国民全部が納得できる状況になっているのでは、という気がしますけどね」とし、「ご両親の反対って2人にとっては重いですよね。そこをちゃんと乗り越えようとした姿勢っていうのは、すごいなって思います。勝手に判断する人も多いでしょうけど、やはりみんなに祝福されたいっていうご両親の気持ちも尊重したっていうことなのかな」と推測した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月23日のニュース