吉永みち子氏 “都民割”に「税金だから皆さんが恩恵にあずかれるのがいいんでしょうけど」

[ 2020年10月23日 11:49 ]

吉永みち子さん
Photo By スポニチ

 ノンフィクション作家の吉永みち子氏が23日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。東京都が新型コロナの影響で冷え込んだ観光産業を盛り上げるため、都民の都内旅行を独自に補助する都内観光促進事業、いわゆる「都民割」の旅行商品の予約を同日から始めたことについてコメントした。

 「都民割」は来年3月末までの旅行に対し、1人1泊当たり5000円を助成し、政府の観光支援策「Go To トラベル」と併用可能。対象となるのは、宿泊付きでトラベル事業と併用する場合は割引前の料金が9000円以上、併用しない場合は6000円以上の旅行。日帰り旅行も1回当たり2500円を補助する。予算枠の20億円に達し次第終了となる。

 吉永氏は「これは本当に知らなかったり、うまく使えなかったりしたら後で悔しい思いをするようになっちゃいますね。もっと知っていればって」と指摘。羽鳥慎一アナウンサー(49)は「情報はしっかりと整理していた方がいい。今回は情報戦ですね」と、インターネットに強い人が“有利”だとした。これに吉永氏は「税金だから皆さんが恩恵にあずかれるのがいいんでしょうけど、仕事柄、感染の恐れがあるんで旅行に行くことができない職種の人もいる。コロナで仕事を失い旅行どころではない人もいる。そういう人たちこそ恩恵が欲しいのに、全然ないという思いもある」と私見を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月23日のニュース