ブルース・スプリングスティーン 最新アルバムに込めた思い語る「僕だけが残されて…」

[ 2020年10月23日 05:30 ]

ZOOMでのインタビュー映像が公開されるブルース・スプリングスティーン
Photo By 提供写真

 米ロック歌手、ブルース・スプリングスティーン(71)が22日までに、世界各国のジャーナリストとリモートインタビューに応じた。

 23日発売のアルバム「レター・トゥ・ユー」を制作するきっかけになったのが、初めて組んだバンドのメンバーが亡くなったことだったと説明。「そのバンドで僕だけが残されてしまった。不思議な感じだったよ。それがきっかけだった」と回想。初めて音楽そのものをテーマにした作品だと明かし「ロックンロール、バンドを一生涯やることだ」という。ボーカルは全て一発どりでレコーディングしたことも明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月23日のニュース