室井佑月 夫・米山隆一氏からの“直してほしいこと”…甘いトーク中も「かぶと煮の身をほじくるのに集中」

[ 2020年10月23日 14:52 ]

前新潟県知事の米山隆一氏
Photo By スポニチ

 元新潟県知事の米山隆一氏(53)が23日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜後1・00)にゲスト出演し、今年5月に結婚した作家でタレントの室井佑月(50)とメディアで初共演した。

 米山氏は、ゲストにインタビューする「大竹メインディッシュ」のコーナーに登場。「よろしくお願いします」とスタジオ入りすると、室井から「いらっしゃいませ~」と元気に歓迎された。

 出演にあたり、番組が米山氏に、室井に対するアンケートを行ったという。「室井に直してほしいこと」という質問に、米山氏は「お酒を飲んだ時にいろいろ話をしたり、楽しいことをしたのに、『全然覚えてない』と言われるのはショック」と回答。「気恥ずかしいなりにスイートトークみたいなのがあるわけですよ。恥ずかしいなと思いながらも、2人だし、ここはと思って言ったのに、『覚えてない、言ったっけ?』って。せっかく頑張って言ったのに」と明かした。

 すると室井は「かぶと煮とか頼まれちゃうと、骨の周りの身をほじくるのに集中してるから」と、照れ隠し気味な返しで笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月23日のニュース