NMB 10周年ライブに山本彩らゲスト出演「半端なく緊張」後輩の奮闘に感謝

[ 2020年10月23日 21:27 ]

山本彩
Photo By スポニチ

 NMB48が23日、大阪城ホールで10周年記念ライブを行い元キャプテンの山本彩(27)、渡辺美優紀(27)ら卒業生がゲスト出演した。山本はNMBが始動した2011年からキャプテンを務め、一昨年11月に卒業。現在はシンガー・ソングライターとして活動する。

 NMBのデビューシングル「絶滅黒髪少女」のカップリング曲「青春のラップタイム」歌唱時に呼び込まれ、後輩とのトークコーナーにも臨んだ。「半端なく緊張しました。震えてました、裏で」と告白。新型コロナウイルス感染症対策で1席ずつ間隔を空けての着席だが、観衆5000人が熱視線を送った会場。「10周年で、私の知らない2年間があって。その2年間もみんながしっかり続けてくれてうれしい」と後輩の頑張りに感謝した。

 卒業生が退場した後も「365日の紙飛行機」などを歌唱。大阪名物の豚まん「551蓬莱」の新CMにメンバーが出演し、タイアップ曲に11月18日発売の新曲「恋なんかNo thank you!」のカップリング曲「アイラブ豚まん」が起用されることも発表された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月23日のニュース