岡村隆史「支えられ婚」 婚姻届は2人で夜間受付へ「バレないように、すごい遠いところに」

[ 2020年10月23日 11:07 ]

ラジオを終え花束を手に報道陣の前に現れた岡村隆史(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が22日深夜、ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演し、30代の一般女性と結婚したことを発表した。

 婚姻届は今月10日に提出。日取りについては「ご両親もその日に入籍されたのか、その日が希望だった」とし、届けは2人で提出。「(この日のラジオの)生放送に合わせたかったので、それまでに誰かにバレないように、すごい遠いところに。夜間受付で、すごい田舎の方まで行った。時間外で不備があったらと3枚用意した」と説明した。

 リスナーからは「行ってらっしゃいのチューはした?」との質問も。「行ってらっしゃいのチューはしてませんが、ハグを…」と照れくさそうに告白。「(ようやく発表の日となり)『よくここまで来られたな!』っていうのもあって、(1つ前の)仕事場から1回、家に帰れたので、『行って来ます!』ってハグはしました」と明かした。

 結婚指輪は「まだ買えていない」といい、「式もこういう状況なのでこれから」と岡村。具体的なプレゼントなどもしていないといい、「旅行とかそういうのが多いですからね。ダイビングもやるから。一緒に行った。ゴルフもやるので」と趣味が合うことも明かした。

 ズバリ何婚?との問いには「何の面白みもないけど、支えられ婚。“ささ婚”やと思う。本当に1人暮らしでずっと長かったし、ご飯とかもほぼウーバーイーツでしたけど、食事を届けてくれたりとか、会わなくてもそういうことしてくれたし。本当に感謝。ホント僕みたいなもんにそういうふうにしてくれたんでね」と感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月23日のニュース