長嶋一茂 眞子さまと小室圭さんについて「我々は見守るっていうスタンスが1番正しいと思います」

[ 2020年10月23日 10:09 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)が 23日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。同日に29歳の誕生日を迎えられた秋篠宮家の長女眞子さまについてコメントした。

 2020年が延期期限とされている小室圭さんとの結婚関連行事については見通しがたっていないが、宮内庁関係者は2人の結婚の意思について「変わっていない」と語っている。

 一茂は「僕は、お二人の結婚というのは非常にプライバシーというかプライベートなことだし、センティブなことなのでいちいちここで取り上げるのはどうかなっていうのがベースにあります」とした上で「やっぱり皇室という部分がどうしてもあるので、僕は正直いって国民の納得した部分だとか理解とかっていうのは関係ないと思います」と私見を述べた。

 そして、秋篠宮さまが皇位継承順1位の皇嗣(こうし)になられたことを国内外に示す「立皇嗣の礼」が11月8日に開催されることが決定したため「その後に眞子さまに動きがあるのでは」との見方が浮上していることに、「大事なのはお二人の思いが3年前から変わっていないかっていう部分が前提で、変わってないんだとしたら、延期したことの答えを今年中に発表しなければならないとか、別に理由をいちいち発表しなくてもいいんじゃないですか」と言い、「それよりも結婚っていうふうに、もしなるんであれば、それがベストかなって僕は思います。いずれにせよ本当にお二人のことなので、お二人で愛を育んでいるわけですから我々は見守るっていうスタンスが1番正しいと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月23日のニュース