橋下徹氏 ハロウィーン集会自粛要請に「自治体の長に委ねるべき」特措法改正の緊急性も訴え

[ 2020年10月23日 16:31 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が23日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演し、今月31日のハロウィーンを前に、東京・渋谷区の長谷部健区長が集会の自粛を求めたことに理解を示した。

 渋谷には昨年、渋谷駅周辺を中心に、7万人がハロウィーン目的で集まった。新型コロナウイルスの感染が拡大している今年、同じように人が集まった場合、クラスター(感染者集団)が発生する可能性も懸念される。長谷部区長は22日の会見で、「今年のハロウィーンは渋谷の街で楽しむのではなく、自宅で楽しんで下さい」と述べ、渋谷で集まることを自粛するよう呼びかけた。これについて橋下氏は「経済を再生するのか、それを抑制するのか、すべては自治体の長の権限に委ねるべきだと考えています。今回は区長の権限を尊重すべきだと思います」と私見を語った。

 一方で、「それを強制できるような法律を作らなければならない。まさに特措法の改正が国会で緊急の課題だと思います」と話し、法的拘束力を伴う特措法の改正が急務と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月23日のニュース