「千駄ケ谷の受け師」木村王位、藤井七段の攻めに「どこかで対応を間違えた」

[ 2020年7月3日 05:30 ]

木村一基王位(手前)との対局を再開した藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 将棋の藤井聡太七段(17)が2日、第61期王位戦7番勝負第1局2日目の対局に臨み木村一基王位(47)に95手で勝利し、7番勝負初勝利を挙げた。

 藤井に敗れた木村一基王位は終局間際、気息を整え、自ら首を差し出すように形づくりをした。馬を藤井王へ接近させると、当然視された藤井の王手を待ち「負けました」と頭を下げた。

 藤井が攻め、自身は守った。想定外は「どこかで対応を間違えた。一方的な展開になってしまった」。相手の攻めを予測し、その全てへの備えを尽くしてこその「千駄ケ谷の受け師」。そこにほころびが出ては「(1日目)封じ手のところで苦しい。変化のしようがなかった」と苦戦を意識したのも無理はなかった。

 ただ、悲観はしない。現在名人・竜王のビッグタイトル2冠、豊島将之王位(当時)に昨年挑み、7度目のタイトル挑戦を実らせた「中年の星」。連敗スタートから2勝を返しカド番へ追い込まれた第6、7局で連勝した。1日目朝、振り駒で決まった後手番は統計上、若干不利とされる。2日目の進行は想定外でも、結果は想定内だったかもしれない。自ら選択した角換わりの戦型。「藤井さんが得意にされている。1回はやってみようと思っていた」。先を見据えた、巻き返しへの布石と捉えることもできそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月3日のニュース