ナイナイ岡村 YouTube参戦に乗り遅れ「無理ちゃう?」 矢部は“体当たり”動画提案

[ 2020年7月3日 12:15 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が2日深夜放送のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演し、芸能人がこぞってチャンネルを開設しているYouTubeへの参入に消極的な姿勢を見せた。

 オープニングのトークでYouTubeの話題を取り上げ、岡村は「今や当たり前のようにみんなYouTubeをやる時代に突入しまして。とんねるずの(石橋)貴明さんも、あっという間に50万人。手越君も100万人超えてるのかな?それくらいのことになってるでしょう?」とコメント。「もう我々、無理ちゃう?」と、乗り遅れを自覚していた。

 2人にも過去にYouTube参戦の誘いがあったというが、岡村は「いろいろ声かけてくれたりしてくれはるやんか?けど、もはや、なかなか難しいところまできた。全部の種類があるねん。YouTubeの中に」と、チャンネルの切り口やテーマが飽和状態になっていることを指摘した。

 岡村は3日、節目の50歳の誕生日を迎えた。「私も50じゃないですか。これがまだ自分が20代だったら、ダンスチャンネルを持ってワーッとやったら、“バズる”っていうんですか?そういうことをしてたかも」と妄想を口にした。

 するとここで、相方の矢部浩之(48)がひらめいたのか、「50のダンサーちゃう?20のダンサーは山ほどおるもん。当たり前やもん」と、むしろ“おやじダンサー”の希少価値を力説。岡村が「50のダンサーがバズるの、骨折(の動画)やで?踊ってる途中でパキーンと折れてまうねん」と自虐的に話すと、矢部は「イチかバチかで、折れてるところも見てもらう」と、過去に岡村が番組収録で骨折したことを引き合いに出しながら提案していた。

 お笑いタレントでは、ヒロシ(48)が趣味のソロキャンプをテーマにしたYouTubeチャンネルが大ヒット中。岡村は「パイオニアというか、一番に目を付けて、グアーッと一番に走っていかんとあかんな。ヒロシはそれで頑張って、グアーッと行きおったんやろな。顔にめちゃくちゃ余裕あった」と、ヒロシの充実ぶりをうらやましがっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月3日のニュース