ひふみん、藤井七段を絶賛「欠点や弱点ない」「すさまじいまでの強さ」

[ 2020年7月3日 05:30 ]

元将棋棋士でタレントの加藤一二三・九段

 将棋の藤井聡太七段(17)が2日、故郷の愛知県豊橋市「ホテルアークリッシュ豊橋」で第61期王位戦7番勝負第1局2日目の対局に臨み「千駄ケ谷の受け師」の異名を持つ木村一基王位(47)に95手で勝利し、7番勝負初勝利を挙げた。

 藤井のデビュー戦の相手を務めた加藤一二三・九段は王位戦の終局後、自身のツイートで「すさまじいまでの強さを放っている」と最大級の評価を与えた。藤井について「欠点や弱点がひとつも見当たらない」と隙のない将棋だったと評価。「神武以来の天才」と呼ばれたレジェンドも「17歳にて、安定した深く正確な読みに裏打ちされたすさまじいまでの強さを放っている」とどこまで進化するか予測がつかない様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月3日のニュース