佐藤浩市、映画界の新様式を実感「衛生班というスタッフが増えていた」

[ 2020年7月3日 05:30 ]

映画「銃2020」の完成会見に出席した(左から)加藤雅也、佐藤浩市、日南響子
Photo By 提供写真

 女優日南響子(26)、俳優佐藤浩市(59)らが2日、都内で映画「銃2020」(監督武正晴、10日公開)の完成披露会見に出席した。偶然拾った銃の魅力に取りつかれていく主人公を演じた日南は「まともな人が出ていない映画」と苦笑。佐藤は共に登壇した加藤雅也(57)と先月、別作品の撮影で一緒になったと話し「フェースシールドを配ったりする衛生班というスタッフが増えていた」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月3日のニュース