本田翼「盲腸、イテーッすね。なんで今日!って」 初MC番組の初回を欠席、電話出演

[ 2020年7月3日 12:12 ]

本田翼
Photo By スポニチ

 女優の本田翼(28)が2日、TBSの新番組「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」(木曜後11・56)に電話出演した。

 日本全国から「彼氏が大好きでたまらない!」という“ラブ子さん”たちが大集合して繰り広げる恋愛見守りトークショー。本田にとっては初めてバラエティー番組のMC。本田は初回収録となった24日未明に急性虫垂炎のため入院、同日中に手術を受けた。

 番組では本来、収録は本田の役割だった進行を急きょ中居正広(47)が代行。スタジオには本田の等身大パネルが設置され、中居と宮川大輔(47)と2人で、集まった6人のラブ子さんたちとトークを繰り広げた。

 番組オープニングで、宮川は「もう1人足りてない」と思わずボヤキ。中居も「(台本の進行は)全部本田なのに、(スタッフから)全部中居でお願いしますって(言われた)。俺、今日、本田でいかないと…」と苦笑するばかり。宮川も中居と2人で担当するばずだった「叫ぶ系」も「全部僕になってる…」と不満をもらした。

 本田からは番組宛てに「中居さん、宮川さん、ラブ子さん、そしてスタッフのみなさん、この度は突然のお休みをしてしまい、大変申し訳ございません(中略)個人的には、中居さんと宮川さんのニックネームを決めたかったです。(私はばっさーです) 本田翼」と直筆メッセージも寄せられた。

 ラブ子さんたちのトークに時折、困り顔を見せながらも何度か進行した中居と宮川。エンディングでは本田と電話がつながり、「あ、こんばんは…」と、か細い声であいさつ。「今日の朝8時に手術しました…すみません。盲腸、イテーッすね。なんで今日!って思いました」とボヤいた。中居からの差し入れの寿司弁当を手にベッドに横たわる写真を公開し、「代わりに本田ママ完食」と報告した。

 中居もそんな本田に「朝の8時に出術したの。それは出られないわ。ごめん」と平謝りしつつ「こんな1回目ないから。俺も大輔もこんなアタフタした初回って初めてだから」と本田の“復帰”を懇願していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月3日のニュース