犬山紙子さん 小池都知事の「“夜の街”要注意」に「なんで守れないのかっていうヒアリングを」

[ 2020年7月3日 10:07 ]

エッセイスト・犬山紙子さん
Photo By スポニチ

 イラストエッセイストの犬山紙子さんが3日、コメンテーターを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。東京都が2日に新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が107人に上ったと発表したことについて言及した。

 緊急事態宣言解除後の最多更新は2日連続で、3桁を記録するのは5月2日に154人が確認されて以来、2カ月ぶり。小池百合子都知事は臨時会見を開き、新たに「感染拡大要警戒」「“夜の街”要注意」の2つのスローガンを掲げ、夜の繁華街への外出自粛を求めた。

 犬山さんは「ここ何日か、ずっと夜の街、夜の街って、ここまで名指しをするのであれば都としてガイドラインを守れない所はなんで守れないのかっていうヒアリングをしていく。こういう補償を出したら守れるようになるのかなって打てる手を打っていかないと、感染拡大を防げないと思う」と持論を展開。そして、「自粛自粛っていっても補償がセットでないと自粛できない事情があるってところがあるので、それをしないで自粛要請だったりだとか行かないでってなると、まるで対策をしないことっていうよりは、ガイドラインを守れない夜の街を敵にしているのかなっていう印象がすごい強い」と自らの見解を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月3日のニュース