よしもと祇園花月 4日有料ライブ配信で再開、RGが“ホームグラウンド”で先陣

[ 2020年7月3日 19:21 ]

4日に再開する祇園花月での有料ライブ配信で先陣を切るレイザーラモンRG
Photo By スポニチ

 完全休館していた京都・東山の「よしもと祇園花月」が4日、4カ月ぶりに無観客での有料ライブ配信で劇場を再開。初日は祇園花月で最も多くイベントを開催しているレイザーラモンRG(46)が、銀シャリの鰻和弘(36)、橋本直(39)との人気ライブ「銀シャリ、RGの2時間うまいことを言い続けるイベント・配信版」を約5年ぶりに開催する。

 立命大出身のRGが「祇園花月はRGがあるあるを120分歌い続けるイベントだけではなく、さまざまな実験の場所として吉本を支え続けてます」と自負するホームグラウンド。7月で9周年を迎えた祇園花月で、観客を入れての公演再開を前に、復活イベントの先陣を切る。祇園花月らしく、少しコアでマニアックなトークとなる。

 RGは「祇園花月が再開します!僕が初めてトランプ大統領のモノマネをしたのも祇園花月。普通は許可してくれない『伏見稲荷であるある歌うイベント』『京都大学西部講堂であるある歌うイベント』を交渉して実現してくれたのも祇園花月。そんな祇園花月で生まれ、今はチケット入手困難イベントにまで育ったのが『銀シャリRGのうまいこと言い続けるイベント』。配信で全国から、いや世界中から見れるはず」とアピールした。

 また、5日は11年のオープンと同時に15年まで読売テレビで放送されていた人気トーク番組「祇園笑者」が配信版として5年ぶりに復活。野性爆弾・くっきー!(44)、天竺鼠・川原克己(40)の鬼才コンビが1日限りのプレミアムトークを繰り広げる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月3日のニュース