小倉智昭氏 東京都のコロナ感染100人超に「重要な問題があるのに国会が休会してちゃいけない」

[ 2020年7月3日 12:49 ]

キャスターの小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(73)が3日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に出演。東京都が2日に新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が107人に上ったと発表したことについて言及した。

 緊急事態宣言解除後の最多更新は2日連続で、3桁を記録するのは5月2日に154人が確認されて以来、2カ月ぶり。小池百合子都知事は臨時会見を開き、新たに「感染拡大要警戒」「“夜の街”要注意」の2つのスローガンを掲げ、夜の繁華街への外出自粛を求めた。一方、菅義偉官房長官は記者会見で「直ちに再び緊急事態宣言を発出する状況に該当するとは考えていないが、警戒感を持って状況を注視する」と述べ、都と連携する考えを示し、安倍晋三首相は西村康稔経済再生担当相に状況の分析を急ぐよう指示した。

 小倉氏は「コロナの重要な問題があるのに国会が休会してちゃいけないと思うんですよ。ただ、その他でつつかれることがあまりも多いもんだから休会する、しかも10月には解散だとかそんな話も出てくる。自民党は民主党政権のこと、ボロクソに言いますよね、特に東日本大震災の対応の悪さとか。ただ国会の開催日だけを見ると、民主党政権時代は開催日数がものすごく多かったんですよ。そういうところは見習ってほしい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月3日のニュース