ナイナイ矢部 関ジャニ村上との衝撃初対面語る、楽屋アポなし訪問「ずっと矢部さんを見てる」

[ 2020年7月3日 15:32 ]

「ナインティナイン」の矢部浩之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(48)が、2日深夜放送のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演し、関ジャニ∞村上信五(38)との初対面の思い出を振り返った。

 6月30日深夜放送の「関ジャニ∞のオールナイトニッポン」で、関ジャニ∞横山裕(39)と村上が、過去に「ナインティナインのオールナイトニッポン」に突撃出演した話を披露した。その話をリスナーづてに聞いた矢部は「覚えてないかも。2人で来たのかな?」と素直に明かした。相方の岡村隆史(50)も覚えていなかったという。

 矢部は「他で会ったのは覚えてるけど」と明かし、「俺は村上君は衝撃的に出会いを覚えてて」と振り返った。ある日の「ぐるぐるナインティナイン」の収録の際、矢部が楽屋に入ると、なぜか村上が座っていたという。プロデューサーから「矢部さん、ごめんなさい。『とにかく会いたい、ごあいさつしたい』と言われて」と説明を受けた矢部は、村上から「すみません、先に楽屋入ってまして」と謝罪されつつ、ナイナイやお笑いへの熱意を語られたという。

 「『どうしたの?』って聞いたら、そこからこの世界を目指したきっかけからしゃべってきて。『僕、NSC(吉本総合芸能学院)に入りたかったんですけど、お姉ちゃんにジャニーズに行けと言われて。今、関ジャニのグループの回しをやってます』って」。村上のグループ内での役回りに、「アイドルやから、回しっていうのが当時斬新だったんよ」と驚いたことを明かした。

 岡村が「NSC行かんで良かったやんか」と合いの手を入れると、矢部は「まさにそれを言うて。『憧れる人間、間違ってんで』って」と話した。それでも、村上のナイナイ熱は収まらず「ずっと矢部さんを見てるんですよ」とアピールしてきたそうで、「ジャニーズの先輩を見た方がええで」とアドバイスしたという。

 押しかけ同然の出会いにも、矢部は村上に対し「関西弁やからな。親近感もあって」と好印象を抱いたという。「『あいさつだけでも』とか言って。それが出会いだった」と懐かしそうに振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月3日のニュース