ウルトラマンZと戦うゴモラの強い生命力

[ 2020年7月3日 12:30 ]

テレビ東京系「ウルトラマンZ」に登場するゴモラ(左)(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
Photo By 提供写真

 【牧 元一の孤人焦点】オールドファンは見逃せない。テレビ東京系の特撮ドラマ「ウルトラマンZ」(土曜前9・00)の第3話(4日放送)にゴモラが登場する。

 ゴモラは知る人ぞ知る人気怪獣だ。初登場は1966年から67年にかけて放送された「ウルトラマン」の第26話。南太平洋にある未開の島のジャングルから、1億5000万年前に生息していた恐竜の子孫として出現した。

 身長40メートル、体重2万トン。顔の左右に伸びる侍のかぶとのような角、胸部から下半身にかけてのデコボコした皮膚、異様に長い尻尾が特徴。当時の日本は1970年の万国博覧会(大阪)を控えており、ゴモラを生け捕りにして万博に出品しようというストーリーだった。

 ゴモラは強かった。ウルトラマンは基本的に1話完結で、初回から第25話までは必ず最後に怪獣、宇宙人を倒していたが、この第26話で初の未決着。第27話で勝ったものの、ゴモラは大阪城を無残に破壊するなど強烈な印象を残した。

 ゴモラの姿形を考えたのはデザイナーの成田亨さんだった。成田さんは66年に放送された「ウルトラQ」の途中から怪獣のデザインを担当し、ウルトラマンでは主人公をはじめゴモラやバルタン星人、レッドキング、ゼットンなどを生み出した。デザインの原則は①独創性②化け物、妖怪的なものにはしない③生理的に不快なものは避ける、の三つで、それが生命力の強いキャラクターの礎となった。

 ゴモラはこれまでウルトラマンシリーズにたびたび登場。2007年から08年にかけて放送された「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」では主人公的な役割を果たし、最近では2018年の「ウルトラマンR/B」に姿を見せた。

 その人気を裏付けたのは、16年に放送されたNHK・BSプレミアムのウルトラマン50周年特番。視聴者投票の「ウルトラ怪獣人気No・1決定トーナメント」でバルタン星人やゼットン、キングジョーを破り、1位に輝いた。

 そして、4日放送の「ウルトラマンZ」。トンネル工事中の山で眠っていたところ、無人島に輸送されそうになるが、目を覚まして大暴れするというストーリーだ。

 この「ウルトラマンZ」の初回にはウルトラQのゴメス、第2話にはウルトラマンのネロンガも登場した。なかなかオールドファンの心をくすぐる怪獣キャスティングだ。こうなったら、バルタン星人やゼットンなども見たい。

 とにもかくにも、誕生から半世紀以上たった今でも重宝されるキャラクターの生命力の強さに感心するばかりだ。

 ◆牧 元一(まき・もとかず)1963年、東京生まれ。編集局デジタル編集部専門委員。芸能取材歴約30年。現在は主にテレビやラジオを担当。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月3日のニュース