藤井七段、勝負メシは「きしめん」 おやつに愛知名物「八丁みそまんじゅう」注文

[ 2020年7月3日 05:30 ]

藤井七段が注文した「冷やしきしめん御膳」(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 将棋の藤井聡太七段(17)が2日、第61期王位戦7番勝負第1局2日目の対局に臨み木村一基王位(47)に95手で勝利し、7番勝負初勝利を挙げた。

 おやつや昼食はこの日もバラエティーに富んだ。藤井は午前のおやつに八丁みそまんじゅうを注文。愛知県の名産で、郷里のPRに一役買った形だ。一方、昼食には冷やしきしめん御膳を求めたが、苦手食材である「キノコはなし」と指定した。木村は昼食に地元の新城源氏和牛を使ったカレーセット。普段の対局では昼食抜きも多いが、1日目の三河鮮魚による海鮮丼に続き、しっかりエネルギー補給をした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月3日のニュース