加藤茶、志村さんに弔辞「天国の長さんも、お前が最初だと思ってなかったと思うよ」全文掲載

[ 2020年4月1日 20:54 ]

加藤茶の記念パーティー「芸能生活50周年の宴」で「加トちゃんペッ!」のポーズをとる志村けん(右)と加藤茶(2011年撮影)
Photo By スポニチ

 フジテレビで1日、「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(後7・00)が生放送され、「ザ・ドリフターズ」の加藤茶(77)、仲本工事(78)、高木ブー(87)が出演。新型コロナウイルスによる肺炎で29日に亡くなった志村けんさん(享年70)を追悼した。番組最後に加藤が天国の志村さんにメッセージを送った。

 番組では「ドリフ大爆笑」「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」の名場面が放送され、ドリフターズの3人とゲストの研ナオコ(66)、いしのようこ(52)はVTRを見て笑い、時には涙し、志村との思い出を振り返った。

 エンディングで加藤が「大好きな志村よ」と“弔辞”を読み上げた。弔辞は以下の通り。

弔辞

志村、ひどすぎるぞお前。

一番若いお前が俺たちを差し置いて天国に逝っちゃうなんてなあ。

まだ俺たちと一緒にやらなきゃいけないことがたくさんあっただろう。それを一人で勝手に先に逝っちゃうなんて。お前は馬鹿だよ。

天国の長さんも、まさかお前が最初に来るなんて思ってもなかっただろうな。ビックリしたと思うよ。長さんの次は高木ブーだと思ってたもんな。

でも、久しぶりに二人きりでいろんな話ができるから、長さんも喜ぶんじゃないかな。

いずれそう遠くないうちに俺たちもそっちに行くと思うから、それまで長さんと酒でも酌み交わしながらドリフの新しいネタでも考えておいてくれよ。

5人が全員そっちで全員集合したらそっちのお客さんを大爆笑させようぜ。約束だぞ。じゃあ、それまでゆっくり休んでくれ。大好きな志村よ。

令和2年4月1日

ザ・ドリフターズ 加藤茶

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース