「8時だョ!…」制作者が明かす秘話 光っていた志村さん独特の感性「見えないところで努力する天才」

[ 2020年4月1日 05:30 ]

志村けんさん死去

人気キャラクター・ひとみばあさんにふんした志村けんさん
Photo By スポニチ

 TBSの怪物バラエティー番組「8時だョ!全員集合」制作者が人気キャラやギャグの秘話を語った。

 志村さんが正式にドリフのメンバーになった翌年の1975年に同番組のディレクターになった塩川和則氏(69)=AI―dea代表取締役社長=によると、人気キャラ「ひとみばあさん」は新宿2丁目の居酒屋「ひとみ」の女将さんがモチーフで、カツラもそのモノマネ。だが、腰が曲がった全体的な動作は川越市民会館の近くにあったラーメン店のおばあさんが元になっていたという。

 また、一世を風靡(ふうび)した「カラスの勝手でしょ~」の替え歌も、TBSの近所の小学生が歌っていた歌詞そのまんまだったそうだ。「彼は見えないところで努力する天才。本当にもったいないです」とその希有(けう)な才能を失った悲しみを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース