星野真里、志村さんは「カッコいい大人」 生放送で涙「残したものたくさんある」

[ 2020年4月1日 10:35 ]

星野真里
Photo By スポニチ

 女優の星野真里(38)が1日、TBSの情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に生出演。新型コロナウイルスによる肺炎のため、3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)への思いを語った。

 星野は2009年10月から約1年間、同局「元気家族テレビ となりのマエストロ」で志村さんと共演。志村さんが父親役で星野は志村家の長女という設定だった。その時の印象を「イメージ通りの“ちょっとエッチなおじさん”っていう、そのまんま」と振り返り、一方で「仕事に一途で、“カッコいい大人”なイメージ」とも語った。

 今回の訃報を聞いてからは「ものすごいショックを受けて泣いてしまった」と告白。「いろんな映像を娘と見て、笑う。40年前のものを見て、今でも笑えるっていう凄さを感じた」と目に涙を浮かべた。

 続けて声を震わせながら「もう見られなくなるのは残念だけど、残したものがたくさんある。これからも楽しませていただきたい」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース