NHK 朝ドラ「エール」と大河「麒麟がくる」収録一時休止を発表 放送に影響ない見込み

[ 2020年4月1日 11:11 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHKは1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同局の連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)と、大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の収録を、当面見合わせると発表した。収録の見合わせは当面、今月12日までで、以降は状況を見ながら判断していくという。同局によると、現時点で両ドラマ番組の関係者に感染者は出ておらず、現時点で放送に影響はない見込み。

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、同局は今回の決定について「出演者の方々や番組スタッフの安全に配慮するとともに、感染の予防を努めていくため」と説明。「これまでも感染予防対策を徹底してきましたが、大河ドラマと連続テレビ小説は、出演者とスタッフの数が多く、演出上、安全対策にも一定の限界があると判断しました」としている。

 また、「両ドラマ番組の関係者に、感染の疑いのある人は出ていません」と報告。今回の処置は同局の自主的な判断だとした上で収録の見合わせは「4月12日までとし、以降は状況を見ながら総合的に判断してまいります」と伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース