ミルクボーイ 志村さんとの思い出「『M-1のネタ面白かったよ』と…」2月収録で初対面

[ 2020年4月1日 14:36 ]

ヴィエリスの入社式で漫才を披露する「ミルクボーイ」の駒場孝(左)と内海崇
Photo By スポニチ

 2019年M-1王者の漫才コンビ「ミルクボーイ」の駒場孝(34)と内海崇(34)が1日、都内で開催された全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」の運営会社「ヴィエリス」の入社式に特別ゲストとして登場した。

 式後、先月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったタレントの志村けんさん(享年70)についてコメントを求められると、内海は「僕ら、2月に『志村けんのだいじょうぶだぁ』の収録(3月4日放送分)に参加させていただいて、初めて志村さんにお会いしてたんですが、その1回だけになってしまったのがすごく残念で悲しいんですけども…」と語り出し、「楽屋にあいさつに行かせていただいたら、志村さんに『M-1のネタ面白かったよ』と言っていただきまして、めっちゃうれしくて」。

 収録は、志村さんがミルクボーイの漫才を見に来たという設定だったという。「その時は緊張で志村さんの顔が見られなかったんですが、あとでオンエアを見たらすごく笑っていただいてたので、本当にうれしかったですね」と収録時の思い出を語った内海は、「またご一緒させていただきたかったんですけれども…残念です。お悔やみ申し上げます」と、お笑い界の大先輩の死を悼んでいた。

 この日の入社式は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で同社の149人の新入社員が出席せず、会場から生配信されたYouTube動画を各々が自宅で視聴する形式に変更された。式中、同社関係者と報道陣のみを前に漫才を披露した感想を尋ねられると、駒場は「(最近は)なんばグランド花月でも無観客で(配信用の)ネタをやらせてもらっているんですが、最初は緊張したんですけどだんだん慣れてきました」。とはいえ、無観客状態では勝手が違う部分もあるらしく、内海は「お客さんがいないと間(ま)がちょっと変わってきて、何回も生配信で間違ってます。登り棒のネタをやった時、最初は『登り棒やないか!』『ほな、登り棒ちゃうかー』って行けてたんですけど、途中で『最中やないか!』って口走ってわけがわからなくなって…」と明かし、報道陣を大爆笑させていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース