戦隊レッドにもコロナ禍 「魔進戦隊キラメイジャー」主演の17歳小宮璃央が陽性「味覚と嗅覚に違和感」

[ 2020年4月1日 05:30 ]

新型コロナウイルスに感染していることが分かった小宮璃央
Photo By スポニチ

 テレビ朝日のスーパー戦隊シリーズ「魔進戦隊キラメイジャー」(毎週日曜前9・30)でキラメイレッド・熱田充瑠役を演じている俳優の小宮璃央(17)が、新型コロナウイルスに感染していることが分かった。同局と所属事務所が31日、発表した。

 所属事務所によると、小宮は先月27日に「3月24日から味覚と嗅覚に違和感がある」と体調不良を訴え、病院でPCR検査を受け自宅待機。30日夜に新型コロナウイルスに感染していることが判明し、31日から入院した。発熱やせきなどの症状はみられなかったという。

 現在は行政機関の指導の下、濃厚接触者の特定を行っている。同番組の撮影は27日から休止しており、共演者やスタッフに体調不良などの症状は出ていない。小宮は24日にキラメイジャーの撮影、25日に所属ユニット「Zero PLANET」の撮影、26日に写真撮影などの仕事を行っていた。

 5月中旬の放送分までは撮影を終えており、当面のオンエアに支障はないが、今後、夏公開予定の映画版の撮影も並行して進めていくため、小宮の回復次第では影響が出る可能性もある。

 同作のセット撮影が行われている東京・東大泉の東映東京撮影所はこの日終日、出演者の控室やセット、動線などの消毒作業を行った。同スタジオではテレビ朝日「特捜9」、「警視庁・捜査一課長2020」などドラマの撮影も行われているが、この日は全作品が撮休。社員や関係スタッフらには来所しないよう通告していた。

 ◆小宮 璃央(こみや・りお)2002年(平14)11月19日生まれ、福岡県出身の17歳。男子高生ミスターコン2018で準グランプリを獲得。「キラメイジャー」がドラマ初出演。ダンス&ボーカルグループ「Zero PLANET」のメンバーでもある。

 ▼魔進戦隊キラメイジャー 3月からスタートした44作目の「スーパー戦隊」シリーズ。宝石と乗り物がモチーフとなり、メンバーたちは各分野で“キラキラ輝く人物”という設定で、それぞれの能力を生かして戦う。出演は古宮のほかに水石亜飛夢(24)、木原瑠生(21)、工藤美桜(20)、新條由芽(21)、古坂大魔王(46)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース