坂上忍 安倍首相の経済対策を批判「“未来”じゃない」「今どうしてくれるんだ」

[ 2020年4月1日 14:16 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(52)が1日、司会を務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、新型コロナウイルスによる安倍晋三首相の経済対策を批判した。

 安倍首相は前日31日午後、自民党の緊急経済対策についての提言を岸田文雄政調会長から受けた際、「未来に夢を持てる日本に復活させていく」と決意を述べた。

 この抽象的な発言に対して、スタジオコメンテーターでタレントの松嶋尚美(48)が「どういうこと?」と首を傾げると、坂上も同調。「その通りなんです。“未来”じゃないんです。“今”な訳ですよ」と、国民が直面する現実を強調。

 「今なんですよ。“反転攻勢期”“中長期”というのは当然、頭の中に絵は描いておかないといけないけど、今どうしてくれるんだって」と、ウイルス感染防止による自粛などで生活が厳しい人たちの意見を代弁。飲み仲間に例えて「なかなか、おごってくれないな、この先輩みたいな感じがしちゃうのよ」と皮肉った。

 おぎやはぎの矢作兼(48)も、飲み会で金払いが渋い年長者を例にあげ、「最初に10万(円)だせばいいのに、(もっと出してと年少者に)言われてから10万出すってね。この一番格好悪い…」と同調した。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース