アンタ柴田、“憧れ”志村けんさん追悼 コントで共演「夢のまた夢」

[ 2020年4月1日 13:52 ]

アンタッチャブルの柴田英嗣
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(44)が1日、水曜パートナーを務める文化放送「なな→きゅう」(月~金前7・00)に出演。新型コロナウイルスによる肺炎のため、3月29日に亡くなった志村けんさんについてコメントした。

 フジテレビ「志村でナイト」(火曜深夜1・55)で、志村さんと共演してきた柴田。「憧れの志村けんさんと一緒にコント番組ができる。夢のまた夢みたいな。俺の中でトップの番組だったからね」としみじみ吐露した。

 大先輩の突然の死に「いまだに信じられない」とショックを隠し切れない様子。それでも「今日の放送もそうだし、これからの仕事もそうだけど、もしまだ志村さんが生きてらっしゃるんだったら、『あんなつまんねえことするんじぇねーよ』とか『もっとふざけろよ柴田』とか言ってもらえるような、楽しい放送をしていきたいし、これからも志村さんに喜んでもらえるような、ほめてもらえるような仕事をしていきたい」と前を向き、「本当に志村さんにはお世話になりました。ご冥福を申し上げます」と追悼した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース