玉川徹氏 バーなどへの入店自粛に「開いてたら行っちゃう…だから世界中で店を閉めるっていうことを」

[ 2020年4月1日 10:56 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が1日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。東京都の小池百合子知事が3月30日に新型コロナウイルス感染拡大を受けて記者会見し、「接客を伴う飲食の場で感染を疑う事例が多発している」として、ナイトクラブやバー、キャバクラなどへの入店を当面、控えるよう都民に呼び掛けたことに言及した。

 小池氏は対象の飲食店の例として「若者はカラオケやライブハウス、中高年はバーやナイトクラブ」を挙げ、「密閉空間、密集場所、密接会話といった条件が重なる場所だ」と強調。会見に同席した厚生労働省クラスター対策班メンバーの西浦博北海道大教授は、都内の繁華街での感染状況について「患者の行動履歴などから、どこで感染したかの可能性を検討した結果、接待を伴う飲食業で集中して見られた」と説明した。

 番組では、小池氏の会見翌日の3月31日夜に、幅広い年齢層の人が夜の街に繰り出していたことを伝えた。玉川氏は「やっぱり開いてたら行っちゃうんでしょうね。行かない人の方が多いんだけど、行っちゃう人は行っちゃうんですよね。だから世界中で店を閉めるっていうことを強制的にやってるってことなんだと思いますよ」と指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース