映画「半落ち」監督の佐々部清氏が62歳で急死 宿泊先ホテルで倒れていた 

[ 2020年4月1日 05:30 ]

映画監督の佐々部清氏
Photo By スポニチ

 「半落ち」「夕凪の街 桜の国」などで知られる映画監督の佐々部清(ささべ・きよし)さんが山口県下関市で死去したことが31日、山口県警などへの取材で分かった。62歳。山口県出身。

 新作準備のため同市を訪れ、30日は市内のホテルに宿泊。31日朝、部屋で倒れているのが見つかった。死因は不明。日本監督協会によると、前日までは元気だったという。

 明大から横浜放送映画専門学院(現日本映画大学)に進み、2002年に「陽はまた昇る」で監督デビュー。04年、横山秀夫さんの小説を寺尾聰主演で映画化した「半落ち」がヒットした。他に「チルソクの夏」「ツレがうつになりまして。」など。舞台演出も手掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース