「格付けチェック3時間SP」世帯平均視聴率16・0%

[ 2020年4月1日 09:45 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 3月31日に放送されたテレビ朝日系「芸能人格付けチェック!BASIC~春の3時間SP~」(後7・00~同9・53)の平均世帯視聴率(何世帯でテレビをつけていたかを示す割合)が16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4月1日、分かった。

 今年元日に放送された「正月スペシャル」(後5・00)の21・2%に続いて高視聴率をマーク。個人視聴率(テレビの所有世帯に属する総人数に対する視聴人数の割合)は10・0%だった。

 同番組は、芸能人がチームを組んで「高級品」と「一般品」を見分ける問題に挑戦する人気バラエティー。今回は「高級品」を見極めるのではなく、“基本的なこと”“当たり前のこと”が分かっているかをチェックした。

 出演者は、「チーム新旧朝の顔」の徳光和夫(79)と立川志らく(56)、「チーム女優の同級生」の松田美由紀(58)と賀来千香子(58)、「チーム野球の同級生」の古田敦也氏(54)と長嶋一茂(54)、「チーム俳優」の石黒賢(54)と大谷亮平(39)、「チームジャニーズWEST」の濵田崇裕(31)と藤井流星(26)と中間淳太(32)と神山智洋(26)、「チーム前回消えた宝塚」の柚希礼音(40)と陽月華(39)、「チームトリニクって何の肉!?」の霜降り明星(せいや=27、粗品=27)とゆきぽよ(23)とダレノガレ明美(29)と大石絵理(26)だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月1日のニュース