ドラフト候補の慶大・正木“進化”三塁打 今季初打点で先制も明大と引き分け

[ 2021年9月26日 05:30 ]

東京六大学野球第2週第1日   慶大4-4明大 ( 2021年9月25日    神宮 )

<慶大・明大>初回2死三塁、先制の適時三塁打を放ち、勢いよく二塁ベースを回る慶大・正木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われ、春秋連覇を狙う慶大は明大と4―4で引き分け。今秋ドラフト候補に挙がる正木智也外野手(4年)が初回に先制の中越え適時三塁打を放ち、今季初打点を挙げた。立大は5点差を逆転し東大に15―6で快勝。開幕3連勝をマークした。

 今秋ドラフト候補に挙がる慶大の4番・正木が豪快な一打を放った。0―0の初回2死三塁から高め直球を捉えて中越え三塁打。今季3試合目で初打点も挙げて「春までならファウルになっていたと思う。夏の練習の成果が出た一本だった」と納得の表情を見せた。

 今春リーグ戦で4本塁打。全日本大学野球選手権でも2発を放ち日本一に貢献したが「6本打てて何も変えない選択肢もあったけど、まだまだ課題があったので変える勇気を持って夏の練習に取り組んだ」と言う。上がり過ぎていたグリップの位置を少し低く変更。高めの球を確実に仕留めることをテーマにバットを振り込むなど向上心はチーム随一だ。

 チームは8回に同点とし、そのまま引き分け。「明日(26日)どう勝つかを考えてやりたい」と前を向いた。(川島 毅洋)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月26日のニュース