阪神 高卒2年目の西純が3回5安打1失点 ファーム規定投球回に初めて到達

[ 2021年9月26日 13:34 ]

ウエスタン・リーグ   阪神ーオリックス ( 2021年9月26日    甲子園 )

<ウエスタン 神・オ>阪神の西純
Photo By スポニチ

 阪神の西純矢投手(20)が当初の予定通り3回を投げ、5安打1失点(自責0)。高卒2年目で初めてファーム規定投球回に到達した。

 初回を3者凡退も、2回に先頭・来田に二塁打を浴びるなど無死一、三塁のピンチを招くと、佐野如に中前適時打を浴びて先制を許した。

 なおも無死一、二塁としたものの、続く勝俣を遊ゴロ併殺打。2死三塁からは松井を1球で右飛に打ち取り、最少失点で切り抜けた。3連打で無死満塁のピンチを背負った3回も、西野を併殺打、来田を遊ゴロでしのいだ。

 前回21日の広島戦(由宇)では味方の援護をもらった直後の3回に満塁弾を浴びるなど5回6失点で3敗目を喫したものの、この日は要所で踏ん張った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月26日のニュース