阪神・ガンケル リベンジ8勝目の陰に2人の助言 矢野監督「俺は正直、1週間後は厳しいかな、と」

[ 2021年9月26日 18:36 ]

セ・リーグ   阪神4ー3巨人 ( 2021年9月26日    東京D )

<巨・神(22)>今季8勝目を挙げた阪神・ガンケル(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のガンケルは6回4安打1失点の力投で今季8勝目。前回19日は2回8安打7失点(自責6)と宿敵相手にKOされていた助っ人右腕は「しっかり投球フォームの修正ができた。いいリリースポイントで投げることができたし、そのおかげでシンカー、ツーシーム、スライダー、フォークがいいところにまとまってくれた」と雪辱の好投に満足顔だ。

 矢野監督は「俺は正直、前回見たときに1週間後は厳しいかなと思った」と明かした上で、「金村と福原(投手)コーチが、状態的にはブルペンでもよくなってきていると。『もう1回いっていいんじゃないですか』ということを言ってくれてたんで。本当にみんなの考えをまとめながら、またガンケルがそこで結果を出してくれてうれしいです」と首脳陣の信頼に応えた助っ人右腕を称えていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月26日のニュース