九共大・大浜、圧巻デビュー! 初スタメン&4番でいきなり2打席連発

[ 2021年9月26日 05:30 ]

福岡六大学野球   九共大10-0九工大(5回コールド) ( 2021年9月25日    九産大 )

<九共大・九工大>初スタメン4番の九共大・大浜は初回に大学1号2ラン、3回は2打席連続で2号ソロを放つ
Photo By スポニチ

 九共大は初先発で4番に座った大浜快晴外野手(2年)が2本塁打を決め、九工大を10―0の5回コールドで破り1敗を守った。

 初スタメンの大浜が大仕事をやってのけた。「打席では緊張したけど先輩たちの“逆方向に打て”という声を聞いて落ち着けた」。初回2死二塁、変化球を捉えて左中間にリーグ戦初本塁打。3回は先頭打者で右中間に2打席連続の2号ソロと見事な4番デビューを果たした。

 入学1年目は左手首骨折、腰痛、右太もも裏の肉離れとケガの連続。「おかげでじっくり体づくりができた」と逆境をバネに成長した。東京・日大三から「九州の大学で日本一になりたい」と九共大入り。夢をかなえるため自らのバットで逆転優勝を引き寄せる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月26日のニュース