阪神不動のセットアッパー・岩崎が後半戦初失点 代打・中田を打ち取って何とかリード守る

[ 2021年9月26日 17:00 ]

セ・リーグ   巨人ー阪神 ( 2021年9月26日    東京D )

<巨・神(22)>8回に2失点した阪神・岩崎
Photo By スポニチ

 阪神不動のセットアッパー・岩崎が、後半戦初失点を喫した。

 3点リードの8回に登板も、先頭の若林、ウィーラーに連続で左前打されて無死一、二塁。吉川尚に初球を仕留められ、中堅フェンス直撃の適時二塁打を浴びた。

 なおも二、三塁から松原に左翼への犠飛を許して1点差に。それでも坂本から空振り三振を奪い、岡本和を敬遠して2死一、二塁。原監督の勝負手、代打・中田を三ゴロに仕留めて切り抜けた。

 東京五輪による中断明けから14試合連続無失点を記録していた鉄壁の左腕が、瀬戸際で踏みとどまった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月26日のニュース