好投した高橋について「同点までは任せていいと思わせてくれた投球だった」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年9月26日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3ー0巨人 ( 2021年9月25日    東京D )

<巨・神21> 2回2死一塁、阪神・高橋は中田から空振り三振を奪う(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

【25日の阪神・矢野監督語録】

 ▼高橋がプロ初完封勝利 本当にこの強力打線を完封したというのは本人にとっても大きいし、チームにとっても大きい。本当に最高のピッチングをしてくれた。

 ▼継投のタイミング 同点までは任せていいんじゃないかなというふうに思わせてくれた投球だった。でも、どこでスアちゃんにスイッチするかというのは考えてはいた。

 ▼高橋の全投球 申し分ないよね。どの球種でも空振りを取れたと思う。真っすぐ、カット、スライダー、ツーシーム。ツーシームも抜いたやつもある。自在に操れているなという感じに思った。

 ▼シーズン最終盤に高橋が完全復活 あいつも一生懸命に何とかしようとしながらだった。それを分かっていた。本当におとなしいんだけど、マウンドに上がれば、いい意味で人が変わる。気迫が出る。そういう部分でもチームに与える影響のある投手。今後のうちにとっても大きい。

 ▼梅野が好リード 一生懸命、攻めるところはしっかり攻めて、堅くいくところは堅くいくというね。すごく引っ張っていたというところもしっかりあった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月26日のニュース