オリックス たむけんがジュニアチームとスポンサー契約

[ 2021年9月26日 11:21 ]

<オリックス>炭火焼肉たむらとバファーロズジュニアのスポンサー契約を締結し練習用ユニホームを着てポーズをとるたむらけんじ(右)と小川博文ジュニア監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックスは26日、バファローズジュニアと「炭火焼肉たむら」がスポンサー契約を締結したと発表した。ジュニアチームの練習用ユニホームの胸部に、「炭火焼肉たむら」のイメージキャラクター「ちゃ~ぱん」を提出する。期間は9月1日から12月31日まで。

 この日、ジュニアチームの小川博文監督と、「炭火焼肉たむら」の代表を務める、お笑い芸人たむらけんじ(48)が京セラドーム大阪で会見。たむけんは「コロナ禍で子どもたちが頑張っていて、修学旅行が中止になるなど、つらい思いをする中で何か手を差し伸べてやれないかと思った時にオリックスさんから声をかけていただいた」と経緯を説明。小川監督は「非常にありがたい。勝負事ですが、勝つ喜び、負ける悔しさなど心の育成も大事にしたい。オリックスが今後栄えるように、よろしくお願いします」と抱負を語った。

 バファローズジュニアは「NPB12球団ジュニアトーナメント2021」(12月28~ら30日)に出場するため、大阪府内の少年野球チームから選抜した選手で構成。10月3日にチームを結成する。

 チーム本隊は首位ロッテとし烈な優勝争いを繰り広げ、混戦パ・リーグを盛り上げている。オリックスファンを公言する、たむけんは「この時期まで優勝争いをしていて、楽しませてもらっている。欲を言えば優勝してもらって歓喜に沸いて泣きたい」とV祈願。続けて、「(ジュニアチームと)オリックスバファローズのダブル優勝。阪神との日本シリーズで関西のアフターコロナを盛り上げたい」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月26日のニュース