西武 自力CS再消滅…先発・平井はリズムつくれず5回1/3を3失点で4敗目

[ 2021年9月26日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―3ロッテ ( 2021年9月25日    メットライフD )

<西・ロ>ベンチでうつむく辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は接戦を落として再び自力でのCS進出の可能性が消滅。6月30日以来、約3カ月ぶりに先発した平井は初回にレアードに2ランを浴びるなど5回1/3を3失点で4敗目を喫し「初回は自分のリズムがつくれずバタバタした。防げた3点だった」と反省した。

 打線も6回の山川の犠飛による1点のみ。辻監督は4回1死二、三塁で山川が三振に倒れた場面を振り返り「あそこで1点を早めに取っていたら展開が変わっていたかもしれない」と悔やんだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月26日のニュース