オリックス 今季10度目引き分けも、5点差追いつく奮闘 杉本が2本塁打 リリーフ陣も役割果たす

[ 2021年6月29日 21:29 ]

パ・リーグ   オリックス5-5ロッテ ( 2021年6月29日    京セラD )

<オ・ロ(12)> 6回2死一塁、杉本の本塁打で生還し、迎える吉田正(右) (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 オリックスが最大5点差を追いつき、試合を今季10度目の引き分けに持ち込んだ。

 今季初登板初先発となった榊原は3回途中4失点で降板したが、打線が0―5から脅威の粘りを発揮。4、6回と杉本の2打席連続本塁打で2点差に迫ると、7回には1死からの4連打で同点に追いついた。

 杉本は今季17本塁打のうち、10本がロッテ戦と“キラー”ぶりを発揮。3―5の7回1死二、三塁、代打で登場し、左前打を放ったジョーンズは日米通算1000打点を記録した。

 投手陣は先発・榊原の後を受けた2番手・山田が2回2/3を1失点と粘り、3番手以降のK―鈴木、ヒギンス、平野佳は無失点。安定感あるリリーフ陣がロッテ打線を封じたことが負けない結果につながった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月29日のニュース