×

五輪代表対決 ヤクルト・村上が阪神・青柳から先制23号 「詰まったけど押し込めた」

[ 2021年6月29日 18:43 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2021年6月29日    甲子園 )

<神・ヤ(10)>2回無死、村上は右越えに先制のソロ本塁打を放つ(投手・青柳)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上が2回、阪神・青栁から右中間へ先制23号ソロを放った。ともに侍ジャパンのメンバー同士の対戦。カウント1―2から外角低めの際どいコースへのシンカーを見極め、7球目のカットボールを少し詰まりながらも右中間スタンドまで運んだ。

 「追い込まれていたのでゾーンを少し広くしてコンパクトに打つことを心がけた。少し詰まりましたが、しっかり押し込むことができた」と村上。青栁からは今季2本目。相性の良さもあって、際どいボールをしっかり見極めて先制アーチにつなげた。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年6月29日のニュース