×

楽天・松井、球宴4度目出場決めた オリ・宮城との「左腕会談」を熱望

[ 2021年6月29日 05:30 ]

ファン投票で球宴出場を決めた楽天・浅村(左)と松井(球団提供)
Photo By 提供写真

 4度目の球宴出場を決めた楽天・松井が同じ左腕のオリックス・宮城との意見交換を熱望した。他チームの一流選手との交流は球宴に出場した選手だけの特権。リーグトップの21セーブをマークするクローザーは先発で同8勝の宮城について「左投手で小柄な部分は共通している。凄く器用で投げる瞬間にスライダーをカーブに変えられると聞いたので、その辺の感覚を聞いてみたい」と目を輝かせる。

 ファン投票での選出は19年に続いて2度目。今年は第2戦が本拠地・楽天生命パークで開催される。今年は東日本大震災の発生から10年の節目で、同球場での開催も震災が発生した11年以来。「被災された方も来ると聞いている。楽しんでいる姿を見せることで少しでも勇気づけることができたら」と誓った。(重光 晋太郎)

 ▼楽天・浅村 コロナ禍だけど、少しでも楽しんでもらえるようなプレーをしたい。2日間、野球を楽しみたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年6月29日のニュース