×

トホホ…オリックス・榊原 今季初登板は3回途中4失点KO 山岡代役のチャンスいかせず

[ 2021年6月29日 19:11 ]

パ・リーグ   オリックスーロッテ ( 2021年6月29日    京セラD )

<オ・ロ(12)>1回、先制点を取られ半泣きの榊原翼(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 今季初先発となったオリックス・榊原翼投手(22)が2回1/3を4安打4失点で降板した。

 初回2死一塁、マーティンの右越え二塁打で先制点を失うと、2回にも2失点。0―3の3回、3つの四球で1死満塁とした時点で降板となった。

 右肘関節炎のために出場選手登録を抹消された山岡に代わって上がった先発マウンド。「これだけ先発陣がいい中で、やっと巡ってきたチャンス。一度きりと思って行きたい。先発として最低限の仕事をしたい気持ちはあります」と話していたが、結果を出すことはできなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年6月29日のニュース