大野豊氏 制球乱れても気持ちの強さで乗り切った栗林 先発・玉村も素晴らしい投球だった

[ 2021年6月11日 05:30 ]

交流戦   広島1ー1ソフトバンク ( 2021年6月10日    ペイペイD )

<ソ・広>9回の1イニングを無失点に抑えた栗林(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 【大野豊 視点】広島先発の玉村は素晴らしい投球だった。特に直球とスライダーが良く、打者の内角もしっかり突けていた。これまでは二回り目で打たれることが多かったが、この試合は終始安定していた。

 6回2死一塁では柳田を外角の直球で見逃し三振に仕留めたが、初回に内角を攻めて中飛に打ち取っていたことが大きかった。

 栗林は少し制球が乱れたが、その中で点を取られなかった。ボークで得点圏に走者を進めても動揺を見せずに投げきった。初戦でフォークを中前打された柳町にはフォークでファウルを打たせ、フォークで空振り三振を奪った。打たれたボールで勝負にいったところに気持ちの強さを感じた。これで開幕から22試合連続無失点。今季はセーブが付かない場面での登板も多いが、0点に抑えることが励みになる。長く続けていってほしい。

 この試合は玉村に勝ちをつけてあげたかったし、栗林にもセーブが付く場面で投げさせたかった。打線の奮起を期待したい。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース