西武 プロ初登板の佐々木&水上が好投「とにかく精一杯、ひたすら投げた」

[ 2021年6月11日 21:04 ]

交流戦   西武―中日 ( 2021年6月11日    メットライフドーム )

<西・中>6回から登板する佐々木(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武ドラフト2位の佐々木健投手(25=NTT東日本)と、育成ドラフト5位で入団し、5月に支配下登録された水上由伸投手(22=四国学院大)が揃ってプロ初登板。佐々木が2回1安打1失点(自責0)、水上も1回無安打無失点と好投した。

 以下、両投手のコメント

 ◆佐々木
 「行くぞ!」と言われてからマウンドに上がるまでの方が緊張しました。マウンドに上がってからの方が、より集中できたと思います。あまり先のことは考えず、一人ひとり対戦して打ち取っていこうと思っていましたので、それはできたと思います。
 ただ、自分本来の投げたいボールは、緊張のせいかほとんどいかなかったです。
とにかく精一杯、ひたすら投げた、という感じでした。
 次の登板では自分本来のボールが投げられるように、練習の段階からそこを意識していきたいです。
 一軍での初マウンド、制限されている状況ではありますが360度お客さんが入っていて、やっぱり緊張しました。マウンドに向かう途中、自分の登場曲が全く耳に入ってきませんでした!


 ◆水上
 ブルペンではすごく緊張していたのですが、マウンドでは落ち着いて投げることができました。
 一軍の初マウンド、すごく楽しかったです。よく腕も振れたと思いますし、普段以上のピッチングができたのでは、と思います。
 内容自体、満足しています。今日は下位打線相手でしたが、中軸が相手であっても三者凡退で打ち取れるよう、次回以降もがんばります。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース