巨人4年目の湯浅 今季初打席、プロ10打席目でうれしい初安打 17年に健大高崎からドラフト8位で入団

[ 2021年6月11日 21:02 ]

交流戦   巨人5ー1ロッテ ( 2021年6月11日    ZOZOマリン )

<ロ・巨>9回2死、湯浅はプロ入り初安打となる二塁打を放つ(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 巨人4年目の湯浅大内野手(21)が11日のロッテ戦(ZOZOマリン)でプロ初ヒットを放った。

 8回にウィーラーの代走で出場した湯浅は、そのまま二塁の守備に就いた。そして9回2死で迎えた今季初打席で、ロッテ4番手の成田が2ストライク2ボールから投じた5球目のツーシームを捉えて左中間二塁打。9回には好守備も見せた。

 プロ通算10打席目でうれしい初ヒットとなった。湯浅は17年に高崎健康福祉大高崎からドラフト8位で入団。2年間は1軍出場がなく、昨年に13試合出場し9打席で無安打だった。

 ▼巨人・湯浅 ようやく4年目で初ヒットが打てて嬉しいです!引き続きたくさんヒットが打てるように頑張ります!!

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース