エンゼルス・大谷 3回巧打で先制演出&5回四球出塁 マドン監督「翔平の規律あるプレーが好きだ」

[ 2021年6月11日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス6ー1ロイヤルズ ( 2021年6月9日    アナハイム )

<エンゼルス・ロイヤルズ>3回、左前打を放つ大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷が巧打で先制点につなげた。3回2死一塁でスライダーを逆方向への左前打として好機を広げ、続くレンドンの2点二塁打をお膳立てした。

 5回はボール球を一度も振らず、ここ4試合で8個目の四球。チームの3連勝に貢献し、ジョー・マドン監督も「翔平の規律あるプレーが好きだ」と上機嫌だった。試合前はブルペンで21球。DH制ではない11日(日本時間12日)のダイヤモンドバックス戦の登板に備えた。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース