DeNA・坂本が乱調で交流戦4位後退 三浦監督苦言「ボール先行で投球にならなかった」

[ 2021年6月11日 05:30 ]

交流戦   DeNA3―5西武 ( 2021年6月10日    メットライフD )

<西・D>初回無死、岸(右)に先頭打者本塁打を打たれた坂本(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の坂本が3回途中4失点KO。4回に新人・牧の11号2ランで1点差まで迫ったが、序盤の失点が響き引き分けを挟んで2連敗となった。

 三浦監督は「坂本はボール先行で投球にならなかった」と渋い表情。この3連戦は先発が全て序盤に降板しており「3人とも役割を果たしていない」と苦言を呈した。

 初めてのカード負け越しとなった交流戦は、2位から4位に後退した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース